本文へスキップ

WARABISHI SANGAKURENMEI

プロフィールprofile

蕨市山岳連盟は安全登山の普及・遭難防止・山岳環境保護活動を推進しております。

会長あいさつ

   蕨市山岳連盟会長  須賀 敬史(すが たかし) 

 私の心に残る二人の登山家をご紹介します。
 世界を代表する、伝説的なニュージーランドの登山家エドモンド・ヒラリー卿です。ヒラリー卿は、1953年5月29日午前11時30分エベレストの頂上に、ネパール人シェルパのテンジン・ノルゲイ氏とともに、世界で初めて登頂しました。ヒラリー卿は20世紀の偉大な登山家です。エベレスト登頂後も、英国の南極横断遠征隊に参加し、1958年には南極点に到達するなど、生涯を登山や冒険に注ぎ、20世紀におけるもっとも偉大なチャレンジ―の一人と言われています。
 次に、日本を代表する登山家の一人である、槇有恒(まきありつね)氏です。槇氏はアイガーの東山稜初登攀、ネパール・ヒマラヤ・マナスル(8,156m)初登頂、さらにカナディアン・ロッキーのマウント・アルバータに初登頂し、近代登山史に輝かしい記録を樹立しました。また、日本山岳界に本格的なアルプスの登山技術を確立し、近代登山の発展に多大に寄与した日本登山界の巨人です。
 二人の登山家に共通するのは、忍耐強く湧き出るようなチャレンジャー精神を抱き、終生、多くの人々に深い感動と共鳴を与えたことではないでしょうか。
 私は、このお二人の偉大なる山岳冒険家の偉業をここにご紹介し、多くの市民の皆様が山の自然に親しみ、山脈(やまなみ)を安全に歩き、山岳文化が益々発展することを願うものです。

平成29年度蕨市山岳連盟役員・協力会員・資格

役 職  名 前  所 属 ・ 資 格
会長 須賀 敬史 TEAMやまあるき顧問
蕨市体育協会参与
副会長 富田 正男 TEAMやまあるき会長
蕨市体育協会理事
理事長 冨士田 始 社団法人 日本体育協会スポーツ指導員(山岳指導員)
公益財団法人 日本自然保護協会自然観察指導員
埼玉県山岳連盟自然保護委員会委員
埼玉県山岳連盟派遣理事
監査 高松  
理事  安達   
理事  田本 眞砂子 公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会 自然保護指導員
理事  菅原 
理事 東海林  
理事 渡辺  
理事 石川(典)  
協力 小泉 卓也 公益財団法人 日本自然保護協会自然観察指導員 
協力 秋山  
協力 吉澤 幸子 公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会 自然保護指導員 
協力 小熊  
協力 橋 弘子 公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会 自然保護指導員 
協力 石川(良)   

蕨市山岳連盟について

設立趣旨

蕨市山岳連盟は安全登山を普及・奨励し、登山・ハイキングを通して市民体育を振興し、併せて山岳自然環境の保全と山岳文化の継承・創造に寄与することを目的とする。

運営方針・登録・認定

安全登山の普及に努めます。
登山技術の向上に努めます。
高山植物等の山の植生を守り、ゴミの持ち帰り、また登山道から外れて繊細
 な自然を傷つけることの無いよう啓発活動をすすめます。
・中・高年登山者等、新たな登山者層に対応し、
誰もが生涯を通して楽しめる
 登山環境づくり
を推進します。
・情報端末(公式HPの開設)を使い、
安全登山情報等を発信します。
・山岳関連団体・自然保護活動団体・NPO等と情報を密にし、
山岳自然環境保
 護活動を推進
します。
蕨市体育協会に加盟し、市民体育の振興・発展を図ります。
埼玉県山岳連盟に加盟し、登山技術の向上を図り、安全登山の普及を推進します。
・蕨市教育委員会より社会教育関係団体として認定されております。
・蕨市の公益的活動等を支援する
「わらびネットワークステーション」に登録
 し、登山やハイキング活動を通し、より良い地域づくりに貢献します。

蕨市山岳連盟の歴史・沿革

  こちらからお入りください